意外と見落としがちな輸送時の精密機械の扱い方

輸送時のチェック

精密機械の定義

精密機械の扱いを気を付けようといわれても、明確には理解できていない。そんな方が多いと思います。ここでは、精密機械の定義について、少しだけ触れておきます。
実は、精密機械は明確に定義されていません。簡単に定義するとすれば、精密機械とは複数の細かい部品で構成された機械の総称であると表現することができるでしょう。そして、輸送の際に気を付けるべき精密機械としても、今の表現としてとらえるべきでょう。なぜなら、機械の壊れやすさと細かい部品の多さは比例の関係にあるためです。簡単な例でいえば、眼鏡を落とすのとパソコン落とすのはどちらが壊れやすいかを考えれば、わかると思います。
なので、輸送する際は細かい部品が多くあるものに気をまわそう。

精密機械の種類

上のトピックで精密機械のニュアンスや定義に関して触れましたが、具体的にはどういったものがあるのか、すぐに思いつくものとしては、パソコン、カメラ、テレビ、腕時計などが上がると思います。しかし、他にもたくさんあるので、できるだけ多く紹介したいと思います。
光学機器系、パソコン回り系はキーボード、ディスプレイ、プリンター、コピー機、スキャナーなど。
計測・分析系は双眼鏡、スピードガン、天体望遠鏡など。
医療機器系は内視鏡、心電計、ペースメーカー、MRI、人工呼吸器など。
電気機器はテレビ、カメラ、スマートフォン、固定電話機など。
福祉関係は電動ベッド、車いすなど。
と今あげただけでもこれだけ存在します。他にも電子機器、工作機器など専門的な精密機械などが存在します。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP