意外と見落としがちな輸送時の精密機械の扱い方

精密機械を輸送する際の注意点

精密機械とは

上記の説明で、精密機械のことに関しては、理解していただけたかと思いますが、これからは精密機械の輸送時に気を付けるべき2点を挙げていきたいと思います。

まず、前提として、輸送の際に精密機械が故障または破損する原因として、振動、衝撃、湿気、熱などがあります。その中でも特に注意すべきものは、衝撃と湿気です。先ほども述べたように、細かい部品の数と精密機械の壊れやすさは関係があると言いました。その原因が衝撃です。特に重い機器だと、落として大きな衝撃が発生する可能性が高いです。また、精密機械の多くは、電気を使うものが多く、湿気の発生で破損する可能性もあります。そして、電気系統の破損は、火災、関電などの重大な事故になる可能性が高いです。
上記のような様々な考慮する点があることを前提にしてください。
次に、手段として、一般の輸送業者、専門の輸送業者もしくは自分で運ぶのやり方がありますが、基本的に、精密機械輸送のために、振動、衝撃、湿気、熱を考慮した特殊な車両、機械を用いて作業、輸送するので、専門の業者については問題が起こることは少ないです。
一般の輸送業者に関しては、まず、トラックに積む人がアルバイトや精密機械の輸送に詳しくない人である可能性が高いです。そして、輸送するのも普通のトラックです。確かに、一般的な業者の方が値段は安く済みますが、特にビジネスの根幹になる精密機械に関しては、必ず専門の業者に頼みましょう。


輸送時のチェック

個人や法人で引っ越しやオフィス移転となることがしばしばあると思います。その際、気を付けるべき点があります。その時、よく聞くのは、割れ物と精密機械です。今回は、その中でも精密機械について述べたいと思います。その際に、まず「精密機械」について語りたいと思います。

特に気を付けるべき機械

上記で示しチェックポイントは、一般的に気を付けた方が良い点として挙げました。次に、よく輸送する可能性のある精密機械についてフォーカスを当てたいと考えています。 特に、壊れやすいカメラと一般の人や法人が引っ越しでよく輸送するPCについて述べていきたいと思います。

もし、破損させられてしまったら

精密機械に関して気を付けるべき点は、輸送する前だけでなく、輸送した後にもあります。つまり、万全の準備をしたのに、業者サイドの責任で破損させられてしまった場合である。 その際に適用されるルールややっておくべきことについて述べていきたいと思います。

TOP